オリジナル紙袋を作るための基礎知識を身につける

紙袋とポリ袋の違い

紙袋は使える期間が短い

紙袋はたとえ表面をラミネートで加工していても、使っているうちに、だんだんと傷んでいき、やがて破れたりやぶれそうになったりして、使えなくなります。

ポリ袋は半永久的に使える場合もある

ポリ袋は尖ったものを入れると、だんだん伸びて破れたりしますが、使い方に気をつけると、半永久的に使えます。

目的に応じてオーダーしよう

しわの全くない新しい紙袋はもらうとウレシイものですし、贅沢感もあります。それに対して、ポリ袋というのは贅沢な感じはあまりしません。けれど、シーンによっては紙袋よりも役に立ちますし、使いやすいです。

オリジナル紙袋を作るための基礎知識を身につける

紙袋

オリジナル紙袋制作会社に依頼する際の流れ

完全にフルオーダーの紙袋を制作をオリジナル紙袋制作会社に依頼する場合、まず、こちらが望む紙袋について説明し、見積もりをもらいます。
その見積もりが気に入れば、実際にデザインした物を見せてもらい、その段階で完成品のデザインを決定します。
この後はもう変更ができなくなりますので、ここでしっかりと確認しておきましょう。
それでOKならば、後は納品を待つだけです。

客層を考慮したデザインを考える

紙袋やポリ袋など、袋について様々な検討をする場合、まず客層を考慮するべきです。
シックな色やデザインであればどの年代でも使えます。
初めから、そのようなシックな紙袋にするという方法ももちろんありますが、少々おもしろみには欠けるかもしれません。
しかし、客層がはっきりとしている場合は、その客層に合わせたデザインを取り入れたほうが、喜んでもらえる可能性は高くなるでしょう。

A4サイズ以外の紙袋も用意しておこう

最も人気の高いA4サイズの紙袋の制作を選択する人が多いと思います。
全てこのA4サイズで統一してもよいのですが、他のサイズの紙袋を用意しておくともっと良いです。
その理由は、持ち物が多い人が、既にA4サイズの紙袋を持ち歩いていたりすると、また同じサイズの紙袋をもらうと持ちにくくなるでしょう。
そのような場合、もう少し大きなサイズの紙袋があれば、袋をひとつにまとめることができて喜ばれるかもしれません。

特殊な形の紙袋もオーダー可能

紙袋を注文する時、ちょっと変わった形の紙袋があれば、イメージアップできるという場合もあるでしょう。
そのような場合、その紙袋制作業者に問い合わせてみましょう。
そのwebページには目立つように書かれていなくても、特殊な形の紙袋の制作も受け付けていることが多いです。
たいていはどこかに書いているはずなのですが、見つからないようであれば、メールや電話などで気軽に訪ねてみましょう。

広告募集中